『collage deja vu』山本佳世作品展

作品展のテーマは「コラージュ デジャ ブ」という造語いつか夢のなかで見たような不思議な風景をコラージュで表現。いつか夢のなかで見たことのある不思議な風景。それはもしかして、未来に訪れる場所かもしれない・・・。

  • Date | 2008_10.24>>11.02
  • photo | 6c staff
PROFILE 山本 佳世 Kayo Yamamoto
コラージュアーティスト・グラフィックデザイナー大阪生まれの大阪育ち。そして大阪市在住。グラフィックデザイナーとしてデザイン事務所で勤務ののち、2005年にコラージュアーティストとして独立。その時につけた屋号、LUSIKKA(ルシッカ)とはフィンランド語でスプーンを意味します。以前、北欧を旅した時にフィンランド語の響きに好感を持ち、スプーンは生活に密着した道具でもあるのでいいなと思い名付けました。“なんでもすくい取っていこう”という思いも込めています。現在はコラージュとデザイン、並行して活動しています。 コラージュではおもに書籍(光文社、講談社、BNN新社ほか)、雑誌(MORE、anan、ゼクシーほか)などの印刷媒体や広告など。デザインとコラージュを兼ねてのお仕事や、DM、フライヤーほかデザイン単独のお仕事どちらもお引き受けしています。その他、兵庫県立国際高校の非常勤講師(2007年~)としてコラージュのワークショップを実施。今後もいろいろな分野でコラージュの可能性を広げていきたいと考えています(山本佳世さんWEB より)
                 
TAG>>>>
——————Top